表参道の予防歯科で自分に合った歯磨き方法を習う

表参道の予防歯科には、虫歯や歯周病を予防したいという患者さんが多く相談に来院しています。

表参道の予防歯科についての情報を提供しています。

その中でも多いのが、毎日何回かの歯磨きをしているのに虫歯ができてしまうという悩みです。
こうした悩みの原因のひとつに、その方に合った歯磨きができていないことがあげられます。

虫歯や歯周病は、口の中に常在する細菌に感染することが原因の一種の感染症です。原因となる細菌は、口の中で増殖するとコロニーを形成してプラークとなります。
プラークは歯の表面や歯と歯肉の境目、歯周ポケットと言われる歯と歯茎の隙間などに溜まり、時間の経ったプラークに唾液中のカルシウム分などが結着句してできるのが歯石です。
プラークや歯石の中には、虫歯菌や歯周病菌がたくさん潜んでいます。


歯石になってしまうとセルフケアの歯磨きで取り除くことは困難なので、プラークの段階で取り除くプラークコントロールが重要です。

歯並びや歯の形状は一人一人それぞれ違います。



歯ブラシの使い方などの癖もあり、多いのがいつも同じ部分に磨き残しがでてしまうというケースです。

表参道の予防歯科では、定期検診の時にプラークの染め出し液を使って歯磨きが上手にできているかどうかをチェックしています。


染め出し液を使うと、プラークが付いている部分に色が着くので磨き残しやすい箇所を把握することが可能です。


その上で表参道の予防歯科では、磨き残しの部分がきれいに磨けるその方に合った歯磨き方法の指導をしています。
歯ブラシは歯の表面の汚れを取り除くのに適したアイテムですが、プラークは歯の表面以外にも溜まるのでその部分に適したお掃除の道具を使うことが必要です。


表参道の予防歯科では、歯と歯の接している面のプラークをからめ取るフロスや歯間の歯茎部分をマッサージしたり汚れをかき出すための歯間ブラシの選び方や使い方も指導しています。