表参道の予防歯科でフッ素応用の指導を受ける

表参道の予防歯科は、口の中の健康を維持するための指導やアドバイスをしている歯医者さんです。
歯医者さんといえば治療が必要になった時に通う病院というイメージがずっと定着していましたが、最近では日本でも欧米のように予防のために歯医者さんに通う人が増えています。
表参道の予防歯科に多く寄せられているのが、子供の虫歯を防ぎたいというお母さん方からの相談です。
虫歯は、口の中に常在する細菌に感染して発症します。

口の中の細菌のうち、特定の種類のものは飲食物の糖分から酸を生成しその酸により歯の表面が溶けてしまうのが虫歯です。


小児期の歯、乳歯や生え変わった直後の永久歯はとても虫歯になりやすい条件下にあります。

表参道の予防歯科の情報を調べてみましょう。

乳歯や生えたての永久歯は表面が軟らかく、虫歯の原因細菌が作る酸に弱いのは虫歯になりやすい要因のひとつです。
フッ素には歯の表面の構造を作り換えて酸に対して抵抗性のある歯質にする作用があります。

表参道の予防歯科の虫歯予防プランのひとつが、フッ素の応用です。

フッ素を使った虫歯予防の方法には、歯科医院での塗布・フッ素配合の歯磨きペースト・フッ素が溶けた溶液でのうがいといったものがあります。



歯科医院での塗布に使われるフッ素は、歯磨きに配合されているものよりも一般に高濃度です。


歯の表面を強化するフッ素の作用は、生えたばかりの歯に対してより発揮されることがわかっています。
表参道の予防歯科では、小児期にはクリニックでの定期的なフッ素塗布を勧め、またセルフケアの歯磨きではフッ素配合の歯磨きを使った適切な歯磨きのし方を指導しています。