虫歯発生の仕組みに沿った指導を行う表参道の予防歯科

日本でも、欧米諸国のように予防のために普段から歯医者さんに通うという方が増えています。


表参道の予防歯科は、そういったニーズに合わせて予防のための指導をする歯医者さんです。
表参道の予防歯科には、子供の虫歯を防ぎたいというお母さん方からの相談が特に多く寄せられています。虫歯は、口の中にいつもいる細菌が原因の感染症です。
口の中には種類も数も膨大な細菌がいますが、その中の特定の細菌は食べ物や飲み物の糖分をエネルギーにして殖えながら酸を生成するという特徴を持っています。

歯の表面は大変硬い組織なのですが、酸にはとても弱く細菌が作り出す酸により表面が溶け出してしまうのが虫歯です。


虫歯の原因になる細菌は常に口の中にいるので、食べたり飲んだりする毎に酸が作られます。


食事をするとその度に歯の表面は少しずつ溶け出していて、この現象が脱灰です。

脱灰が続くと虫歯が進んでしまいますが、食事中にたくさん分泌される唾液には食後に歯の表面にカルシウムなどのミネラル分を補って脱灰部分を修復する作用があります。

表参道の予防歯科の特徴を紹介するサイトです。

この唾液による修復作用が再石灰化です。食事をして脱灰が起こっても、唾液による再石灰化がしっかり行われれば虫歯を防ぐことができます。



表参道の予防歯科では、この脱灰と再石灰化の仕組みをわかりやすく説明した上で効果的な虫歯の予防指導をしています。



表参道の予防歯科の虫歯予防指導では、再石灰化を助けるための対策が中心です。
再石灰化に必要な唾液が十分出るように食べ物をよく噛むこと、脱灰部分の修復が行われる時間を確保するために食事と食事の間隔は飲み物も含めて十分あけるといった指導をしています。


加えて、歯の表面を強化し酸に対して強く脱灰が起こりにくい歯を作るためのフッ素塗布もしています。