最新のデジタコ情報

需要が増えているデジタコについて

デジタコとは、デジタルタコグラフの略語で自動車の運行記録計のことをいいます。

ドライブレコーダーなどの外部機器と連動して詳細な運行状況やデータを収集し、リアルタイムでの運行支援を行うことが可能です。自動車を運転している時の速度や走行距離、走行時間などの情報をメモリーカードなどに記録します。従来は記録紙にグラフなどの運行状況が描かれ、それを読み取るアナログタコグラフ(アナタコ)が使われていましたが、デジタコはアナタコにはない様々な機能を備えているので、最近では導入が進んでいます。アナタコはドライバーからの記録紙を回収しなければ、情報を確認することができませんでしたが、デジタコはクラウドサービスを使って事務所でもリアルタイムな情報を見ることができます。24時間パソコンで情報を確認でき、ドライバーの安全運転を補助し、GPSによって現在地の確認も行えます。

運行経路の指示も正確に出すことができ、安全でスムーズな運行を行えるようになりました。デジタコは基本的な速度や距離、時間のデータ取得とシンプルな運航管理ができる単機能型、さらにドライブレコーダーとの連携や基本的な帳票出力などを加えた標準型、標準型以上に様々な機能が搭載された多機能型の3種類があります。単機能型では、低価格のものなら5万円台から購入することができ、操作も簡単に行えます。それに対して多機能型は、ドライバーのアルコールチェッカーや燃費管理、速度超過した時のアラーム通知など機能がたくさん付いており、業務効率を大幅に上げることが可能です。様々なオプションが付いているものもあり、自由にカスタマイズすることも出来るので、導入を検討している方は、使い勝手の良さや予算に応じて選ぶことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *