最新のデジタコ情報

進化しているデジタコ

トラックやタクシーといった乗り物には、デジタコ搭載車と記載されたステッカーが貼っていることがあります。

営業車両にはタコグラフという運転記録計が設置されていて、最近デジタル化されたデジタコが普及されています。国土交通省から交通事故を削減するため、タコグラフが義務付けました。記録されたデータをベースにして、スピード違反や事故原因などを把握する目的です。最近進化しているデジタコにはいろいろなメリットがあり、従来より多くの情報を記録することができます。今まで以上に細かいデータが収集されているので、解析することによってドライバーに適切且つ安全な運転指導を行うことが可能です。業務効率化を図ることができ、従来業務日報などは手書きで行われることがほとんどでしたが、デジタコは運行データなどを使用し自動的に日報を作成することができます。

ドライバーの労働時間短縮に繋げることができ、誰にでも簡単に使用することが可能です。データは解析は難しくないので、簡単に運転日報が作成することができ、デジタコを使用することからドライバーの運転意識を向上することができます。正確且つ丁寧な運転技術を行うようになり、今後も普及率を更に上げることによってドライバーの意識を向上させ安全運転を広めることができるでしょう。記録はもちろんGPSを活用し、リアルタイムで警告を出すことが可能です。事故防止や燃費向上といった安全運転の啓蒙に繋げることができ、画期的な技術の進歩と言えるでしょう。急加速や急減速などを制限することができ、今も進化を続けています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *