最新のデジタコ情報

運行記録をデジタコでしっかり取ることが重要

昔からタコグラフと言ってトラックのドライバーがどのような走り方をしていたかといったことをきちんと記録をする設備はありましたが、それがデジタルタイプになったデジタコが最近はたくさんの商品が販売されるようになってきています。

設置に関わる助成金なども国から支給されるようになっているので、企業はこうした制度を上手に活用してトラックにデジタコを設置することを検討してみることが大切だということが言えるでしょう。何より燃料工場や無駄な走行を減らすということができるようになり、運行記録をしっかりと取っておくことによって、ドライバーが休憩を取っていないなどといった問題が生じてもすぐにそれを発見し改善することができるようになるというのも大きな特徴です。そしてそれによって燃費なども向上することで、運送の燃費などの無駄なコストなどが抑えられるという点でも大きなメリットがあるということは見逃せません。その他にも様々なメリットがありますので、その企業の目的などに合わせて最適な製品を選べるようになることがとても大切です。

たとえば作業の効率化が図れるということです。アナログタイプであればそれをチェックしながら、日報に手書きをしなければいけないと言った面もありますが、労働時間を短縮することができるようになるのです。そして何より安全管理を徹底し、事故を起こすということを減らすことができるようになります。事故などが一度起きると大きな損失となってしまいますし、もしも無理なドライビングなどをしていたような場合では、企業の方が指導が足りないとして問題になってしまう可能性も秘めています。そのような点を考えても、しっかりとそのどのような走行しているかといったことをチェックすることができるようになるため、できるだけ多くの機能を備えたデジタコを設置するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *