最新のデジタコ情報

デジタコを導入する目的を理解しておこう

トラックの運転手がどのような運転をしていたかと言ったことをチェックする機器が、デジタコです。

タコグラフというのは昔からありましたが、現在ではデジタルタイプでその走行記録を取れるようになってきています。義務化によって現在では助成金なども整備されるようになってきているため、導入もそれほど難しくありません。ただしどのようなタイプの商品を使えば良いのかといったことを判断するためにも、まず装着する目的についてしっかりと理解しておくことがとても大切だということが言えるでしょう。まず一つ目は、作業が効率的になるということです。アナログタイプのタコグラフなどの場合であれば、その記録をチェックして日報手書きしなければいけないというようなことがありましたが、デジタコならば移動距離が高速走行区間などをデータで読み取って自動で作成することができます。

また労務管理をしっかりと徹底でき、運転時間を把握し休憩をきちんと取っているかなるといったことを正確にチェックすることもできるようになっているという点もメリットです。また配車の効率を上げ、突然仕事などが来たような時にも最短距離を走っているトラックはどれかというものがすぐに分かり、指示を出すことができるようになります。また急発進や急ハンドルなどといったことにもデジタコは記録を取るため、ドライバーの運転スキルに関しての指導も適切な物が行えるようになるというのも見逃せないメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *