最新のデジタコ情報

デジタコでわかること

デジタコを利用すれば、遠隔地を走っていた高速バスの走行状態やドライバーの運転状況を把握できます。

理由は、走行の様子やハンドル操作の状況を数値に表示して記録するからです。高速バスに搭載されたデジタコには、車両の速度や走った時間といった様子が数値として表示されます。すると、バスが法律で定められたスピードで走っていたかが分かる上に運転開始から終わりまでの時間を算出できます。特に、ルールで決められた速度を守っているかどうかは安全運転の把握に役立つのです。

また、デジタコでは高速バスの急発進やブレーキといったハンドル操作の状態もチェックできます。急な発進並びにブレーキの取り扱いが表示されていれば、運転手に対して質問が可能です。ハンドル操作も安全運転と直結するので、状況把握及び改善を行う上ではプラスになります。他にも、ハンドル操作の様子が分かるので高速バスの燃費を改善するきっかけにも繋がります。数値を分析すれば最適な運転方法を考えられるようになり、ガソリンの消費の抑制に結び付きます。

つまり、車両の燃料代を節約できるできるようになるので経済的なメリットが生じるのです。よって、デジタコを使えば高速バスの走行における課題を見つけ出せるようになるのでメリットになります。安全の実現や燃料消費の適正化を図るためにも、装置を取り付けましょう。デジタコは、課題を解決して最終的には利益をもたらす存在と成り得るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *