最新のデジタコ情報

デジタコと車両運行管理システム

昨今、スマホを利用した車両運行管理システムが開発されています。

その中にはデジタコの機能も搭載されているものです。こうした機能はIT化の恩恵を受けており、利便性が高く低コストで導入できるようになっています。当システム導入により、車両の走行データや運転傾向などもクラウド上で管理できます。物流業界は人手不足が続き、生き残りや収益向上には様々な課題を抱えています。それに対して車両運行システムとデジタコを連携させることで、経営基盤の強化が図られています。

リアルタイムで運行状況が把握できるので、効率的な車両運用が実現できます。何よりもドライバーの安全及び健康管理ができるので、監査対策にもなります。デジタコと車両運行管理システムを連携させれば、荷物管理や車両管理、ドライバー管理を一元化できます。それが運営コストの低減にもなり、収益向上を期待できるわけです。デジタコ搭載車両であれば、リアルタイムに位置情報が送られてきます。それゆえオンタイムに荷主に情報が発信でき、効率的な集荷と運搬が可能になると言えます。

運行管理が簡素化されれば人件費の削減にもなり、コスト削減に貢献できます。クラウド型では勤怠管理システムとも連動できるので、ドライバーの就労管理が自動化されます。運転日報の自動作成機能も備わっており、ドライバーの労力削減にも役立てられます。何よりもクラウドを使ったデジタコは、導入コストが低いのが大きな魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *