最新のデジタコ情報

管理したい内容によってデジタコの種類を決めよう

デジタコというものは、走行距離や時間の運転関する色々な情報を記録する事の出来る装置で、会社で導入する場合は管理したい内容によって適している種類が存在します。

トラックの配送などの業務には、GPSを活用したデジタコが最適で、リアルタイムで3秒毎の現在位置が分かるものがあります。最新の交通情報が随時更新されるため、急な事故渋滞などが発生した場合、迂回ルートの指示が即座に出せるほか、場所を迷っているトラックに適切なルートを指示できるので、運送作業の効率化が図れる点が魅力です。タクシーやバスなどお客様を乗せる業種の場合は、勤怠管理を中心としたデジタコがおすすめです。

走行距離と運転時間と休憩時間を把握する事で、運転手が無理な運転をするをする事がなくなり、法定速度を遵守した上で、きちんと指定された休憩時間を取るようになります。自動車で燃費が向上する運転を続けると、エコにも繋がりますし、ガソリン代が節約できます。一度の運転では燃費向上によるガソリン代の差はあまり変わりませんが、長く続けていく事で莫大な差が出てくるので燃費にも気をつける方が理想です。

デジタコには急ブレーキなどの急がつく行為に警告音が鳴るものがあり、このタイプを装着する事で音がなるのを防ぎたい事から、意識的に燃費向上につながる運転を心がけるようになります。デジタコには種類があり、どれを優先するかで必要なものが変わってきますが、どれを装着しても十分なメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *