最新のデジタコ情報

デジタコの導入はメリットがたくさんあります

少しずつ装着が義務化されているデジタコですが、色々な側面からメリットがあります。

運転距離や時間といった情報の他に、アイドリングの有無やGPS情報などが記録できるので、後になってデータ確認をする事が簡単に出来ます。会社の場合には、ドライバーが無理な運転をしているかや、定められた休憩時間をきちんと取っているかといった確認をする場合にも便利です。データが残る事から、ドライバーのモラルが向上しますし、業務の品質向上にも繋がります。デジタコは導入時に若干の費用がかかるものの、色々なデータを確認出来たり、ドライバーのモラルが向上する事で、大事故が起こる確率が激減するので、長期的に見たら得です。

個人の場合の活用方法として、ドライブレコーダーとデジタコを合わせる事で、事故が発生した場合を中心に活用できます。相手と意見が食い違った場合、映像やデータは客観的証拠となるので、どちらの意見が正しいかを判断できますし、会社でもクレームが発生した場合に証拠として活用できます。

事故にはならなくても、あおり運転などの重大な被害を受けた場合にも、映像やデータという証拠は大切です。デジタコの使い方も簡単で、ドライバーは出発前にメモリーカードを挿入するだけで、後は機械が勝手に記録してくれます。一方管理者側はメモリーカードをパソコンに挿入するだけで、記録が詳細に見られるので、気になる点があればドライバーに話を聞く事で解決します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *