最新のデジタコ情報

デジタルタコグラフは安全管理にも便利

バス業界やトラック業界などで、安全運転をしつつ時間通りにお客や荷物を届けなければならない時には、運行管理が必要になってきます。

運行の安全管理を記録に残すためには、デジタルタコグラフを使った管理方法が適しています。メモリーカードに距離や速度にブレーキの有無などを記録できるシステムですので、GPSやドライブレコーダーと組み合わせると、どの地点でどんな運転をしていたのかを把握できます。万が一デジタルタコグラフのデータで危険な運転をしていた箇所があった時には、安全運転を心がけるように具体的な指導が可能ですので、社員の命を守ることはもちろん、信頼性を高めるためにもデジタルタコグラフは欠かせません。

デジタルタコグラフは安全管理の他にも、事故が起こったときにの証拠などにも使えることがあります。ブレーキを踏まなければいけない箇所で踏んでいたのか否かはもちろんのこと、どの地点でどれくらいのスピードが出ていたのかも解析できるので、警察などに参考にしてもらうための資料にも運用できる特徴があります。

デジタル形式での保存ですので、アナログとは違い保管場所もあまり必要とせず、長期間にわたってデータの保存が可能です。速度管理はもちろんのこと、運転の技術を向上させるために記録に残せば、安全運転をより啓蒙することができますので、運行管理や万が一の事故のときの証拠をつかむための設備を導入する場合には、デジタルタコグラフを使うようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *