最新のデジタコ情報

デジタルタコグラフは業務効率化にも最適

デジタルタコグラフは近年では多機能な製品が多く、リアルタイムでどこにドライバーがいるのかを把握できたり、運転日報などを自動的に作成できる物がありますので、導入に踏み切れていない企業の方はぜひデジタルタコグラフを導入してみましょう。

これらを使っていることで優良事業者の認定を受けることができますので、国からお墨付きをもらえるという点には非常に大きなメリットがあります。メリットはこれだけでなく、どの地点でどれくらいの燃料を消費したのかがわかったり、アイドリングをしているかどうかなどもわかるので、余計なコストを削減したい場合には、デジタルタコグラフを使うことでドライバーに心構えを教えることが可能です。

GPSでドライバーの位置情報がわかりますので、管理者側は指示が出しやすく、勤怠管理などもしやすくなり、ドライバー以外にとってもメリットが存在します。取得したデータはメモリに保存できますので、安全運転を心がけている企業では、無謀な運転がなかったかや、速度違反をしているドライバーが居ないかも調べられるのです。

デジタルタコグラフはカメラ付きでいろいろな方向から映像と位置データを取得できる製品もあり、万が一事故に巻き込まれても、責任関係を証明しやすくなるメリットがあります。古くはただブレーキやアクセルなどのデータしか取得できなかったデジタルタコグラフですが、現在では映像と運転データの詳細が記録に残せるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *