最新のデジタコ情報

デジタルタコグラフの性能とは

デジタルタコグラフはデジタコとも呼ばれるもので、それまで使われてきたアナログ式のタコグラフに対する言葉として登場したものです。

デジタルタコグラフの基本的機能は、従来のタコグラフに求められる車両の運行情報を記録するというものです。求められる運行情報は時間、速度、距離の3つになります。従来のアナログ式では円盤型の記録シートが回転し、速度に連動して記録する鉄芯が上下し、これによって時間、速度、距離を割り出すことができるものですが、記録シートを見ただけでわかるものではなく正確な運行情報を知るためには解析作業が必要になるものです。

しかし、デジタルタコグラフの場合にはデジタルデータとして記録されてるので、簡単に運行情報を知ることができます。またデジタルタコグラフでは、さまざまなデータを付随して記録することが可能で、例えばGPS測位システムを使った位置情報の記録を行えば、その車両の運行情報を地図上に表示させることが可能です。

また冷蔵・冷凍車などの場合には冷蔵・冷凍庫の温度情報を記録したりすることができますし、ドライブレコーダーと連動させることで事故がトラブルが起こった場合の状況を知らせるという機能も付け加えることができます。携帯電話会社の通信サービスを使うことで、リアルタイムの情報を発信することができるので、運行している車両の位置情報を調べるといったことにも使うことが可能です。それと記録されたデータから運転手の癖を知ることができ、安全運転の指導にも役立てることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *