最新のデジタコ情報

運行管理にデジタルタコグラフ

トラック等の運送業界の人手不足は深刻な状況にあります。

貨物運送業が「3K」と呼ばれる「きつい・きたない・きけん(危険)」の代表的な仕事だと言えます。元々なり手が少ないところに働き世代の人口減少があり、ますます厳しくなっています。長時間労働が当たり前なこの業界を変えるためには、しっかりとした労務管理が必要でしょう。トラックの運行管理にはデジタルタコグラフが使われます。トラック一台一台にSDカードを挿入する機器が備えられています。

そのSDカードに車両の走行記録(スピード・走った距離・アイドリング時間など)が記録され、ドライバーが帰庫してから会社の本体のパソコンに送信すればデータが保存されます。そのデータを確認すれば、異常な運転や運行をしたことがすぐわかるのです。このデジタルタコグラフを他のデジタルデバイスと連携させて、さらに業務の効率化を図る取り組みが盛んになっています。ドライブレコーダーと連携させて、異常な運転をしていた時に、実際に状況だったのかをリアルタイムの映像で確認できます。

事故の検証にも使えますし、ドライバーに客観的な目で見て対策をとらせることも可能でしょう。運転日報を手書きではなくデータ送信で完了させることもできます。デジタルタコグラフが走行時間・休憩時間・拘束時間など細かく細分化された情報で仕分けるようにしておけば、ドライバーが手書きをする必要はなく労働時間の短縮になります。会社でトラックの運行を一元管理できれば、無駄な荷待ちや運行の無駄を削減でき効率良い経営が望めます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *