最新のデジタコ情報

デジタルタコグラフの表示のあるトラック

トラックやバス・タクシーなどの見える場所に、「デジタコ搭載車」というステッカーを張った車をよく見かけるようになりました。

デジタコ搭載とは、「デジタルタコグラフ」を用いた営業車であることを表示したもので、運行記録計を搭載しているという意味です。基本的に営業車両にはタコグラフをつけることになっていますが、「デジタコ搭載車」ではデジタルタコグラフの記録計での管理を実施しています。従来タコグラフは、円形になっているチャート紙に走行距離や時間・運行状況を記録することになっていました。

デジタルタコグラフは、アナログのタコグラフを記録を残す媒体にメモリーカードなどを利用することで運行すれば記録が残り管理も簡単です。タコグラフを読み解く技術もいらず、データについても再利用が可能なデジタルデータでの保存することができます。営業車両の日報を兼ねることもでき、運行状況を把握することができます。

事故の防止や燃費の向上、安全運転の啓蒙にも利用することができ、1998年よりデジタルタコグラフの実用化が進み、国土交通省の型式認定対象とされ、タコグラフと同様、営業車には装着の義務対象として認められているのです。従業員を管理する立場でも、運転手の運行状況をメモリーカードを読み取り装置で解析することができます。安全運転や勤務状況に無理がないかなどの交通事故に結びつく事項をチェックして、指導を行えるというメリットもあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *