最新のデジタコ情報

デジタルタコグラフの使い方について

運送業などの業界に勤めているドライバーは、自分が普段利用するトラックにデジタルタコグラフが装備してあるケースは多いといえましょう。

運転速度や運行距離、時間などを記録するのがデジタルタコグラフですが、最近の製品の中には急ブレーキを踏むと記録されたり、ドライブレコーダーと連携をして映像を記録できるタイプ、中にはインターネットを介してデータを本社圏などで管理できるタイプなど便利な機能を持つ製品が増えています。必要最小限の機能のみのタイプの場合、会社に戻った時点でUSBメモリーを抜いて、それを管理者に渡すなどのケースは多いのではないでしょうか。

ドライバーがやることは出発前にUSBメモリーを装置に装着するだけ、後は自動的に記録が始まるのでドライバーは何もせずに済みます。ちなみに、デジタルタコグラフには色々なメーカーから様々な機能を持つ製品が用意されていますが、基本的には法定3要素と呼ばれている運転時間・距離・速度の3つは必ず記録が残るような仕組みになっています。

これに付加価値ともいえる機能を設けているものが多機能型と呼ばれているデジタルタコグラフ、使い方も難しいのではないかなどと感じるドライバーも多いといえます。使い方はそれほど難しいものではなく、すべてタッチパネルで操作を行う形になるため、視覚的に操作ができますし何度かやっている内に覚えるので安心です。ちなみに、インターネットでデータを送信できるタイプなどの場合は、USBメモリーの抜き差しも不要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *