最新のデジタコ情報

デジタコとクラウドの融合が生み出す新たな利用法

デジタコはこれまでのタコグラフの情報の記録をデジタルで行うものですが、デジタル化されることによる効果は様々な面へと広がっています。

単純にこれまで紙媒体であった運行記録がデジタル化され記録されることでデータ管理が容易になると言うだけではなく、そのために生まれる様々な用途が話題となっているのです。その中でも、クラウドを融合させた新たな利用方法に注目が集まっています。その一つがリアルタイムで運行記録を把握することができる機能です。従来は運行記録はタコグラフのように後から記録を確認し保管すると言う用途が主流となっていましたが、現在のように交通トラブルが頻発している状況では、デジタコを利用することで事象が発生した段階でリアルタイムにその状況を把握し、原因を究明することが非常に重要な要素となっているのです。

そのため、常に運行状況をクラウドで把握し、必要に応じてリアルタイムに引き出すことができる機能は様々なトラブルの原因を迅速にする上で大切なポイントです。デジタコのデータはメモリーカードで保存されるのが一般的で、そのためそのメモリーカードの内容は専用のシステムで読み取り集計するのが一般的でした。

しかしクラウドを利用することでリアルタイムにシステムが読み込むことができ、迅速にデータの集計やその利用を行うことが可能となります。これにより状況に応じてドライバーに注意を促したり、場合によっては関連する部門に情報を展開しトラブルを未然に防ぐといった応用が可能となるため、迅速な対応をすることができる点がポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *