最新のデジタコ情報

クラウド型デジタコが従来より優れている点

従来使われてきたデジタコに代わって、クラウド型のサービスが登場しています。

画期的な特徴を持っていることから急速に普及しつつあり、今後の新基準となる可能性も考えられます。その特徴や将来の展望について正しく理解しておきましょう。クラウド型のデジタコとは、収集したデータをインターネットを通じてサーバーに保存して処理するサービスのことを言います。これまでは事業所に設置されているパソコンの中で稼働することが多く、データの処理や分析もそのパソコンにアクセスして行うのが一般的でした。ところが新しいサービスでは、データが手元のパソコンに残ることはありません。

全てのデータはサーバーへと送られるため、手元の端末に保存する必要はないからです。さらに処理を行うプログラムも、ネット上のサーバーにインストールされているものを使用します。これまではパソコンにインストールして使うのが一般的でしたが、そうした作業が必要なくなるのが特徴です。クラウド型デジタコのメリットとしては、コストが安いということです。

これまでは専用のソフトウェアを購入し、使用するパソコン別にインストールしなくてはなりませんでした。ところがサーバー上で稼働するこのサービスの場合、契約しておけばあらゆる端末からアクセスできますから経費の削減につながります。データの共有が容易になっているのも、このサービスの大きな特徴です。アクセス先さえ知らせておけば、どの事業所からもデータを閲覧し分析することができるからです。コストがかからず、より利用しやすくなったサービスと考えるとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *