最新のデジタコ情報

クラウド型デジタコのメリット

トラックなどの車両の運行を記録するタコグラフは、円形のチャート紙に速度や走行距離などを線グラフで記録するアナログ式から始まりました。

車両の運行状況は確かに記録されるのですが、線グラフから実際の走行状況を読み取るにはある程度の知識や経験が必要で、パッと見てわかるようなものではありませんでした。そうしたわかりにくさを改善したのが、デジタルタコグラフ、デジタコです。記録したデータはデジタル形式で保存され、解析ソフトを使えば急発進・急減速の有無や規定の休憩時間をとっているか、渋滞にどのくらい巻き込まれたか、というようなことまで瞬時にわかるようになりました。

しかしこうした解析もトラックが事業所に戻ってきて、データを保存したSDカードなどを解析ソフトにかけなければわかりません。走行中でも事業所から改善を指示できれば、より効率的な運用が望めます。こうしたことを可能にするのがクラウド型デジタコなのです。クラウド型の場合、次々に記録されるデータは仮想空間に保存されます。事業所ではこの仮想空間にアクセスして随時データの解析ができます。

GPSデータも取得できるため、複数の車両の効率的配置を図ることもできるのです。センサーなどと連携させれば、ドライバーの急な疾患や居眠りなども検知して自動ブレーキを作動させることも可能です。クラウド型デジタコは事業所側に有益なだけではありません。これまでドライバーは定時連絡などを課せられていることが多かったのですが、既に位置情報は事業所に把握されているので不要となります。日報作成も格段に簡単になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *