最新のデジタコ情報

デジタコのクラウド化

デジタコとはデジタルタコグラフのことで、トラックなどの車両に設置し、その運行情報をデジタル的に記録する計器のことです。

単純なものは速度を記録するだけであり、デジタル化されていないアナログのタコグラフでは単にその車がいつ時速何キロで走行していたのかを記録するだけの機能しか持っていないものもごく普通にありました。ですが子のタコグラフがデジタル化され、さらにクラウド化されることでいろいろな機能を追加することができるようになってきています。

もちろん機能を追加すればするほどコストはかかりますし、追加することで得られた機能やデータを活用できなければ意味がありませんから、高機能のクラウドデジタコほど良いというような単純なものではありませんが、可能性は広がります。分かりやすいところでは、ドライブレコーダーの機能を併せ持たせることが考えられます。単に数値データとして速度を記録するだけでなく、カメラで映像を撮影して記録することもできるわけです。

万一の事故発生時などには記録として大きな意味を持つかもしれません。あるいは、IC免許証の認証機能をクラウドデジタコに持たせるということもできます。ドライバーがその人の運転免許証をかざさない限りエンジンが始動しないといった仕組みを取り入れることもできるわけです。さらにはGPSと連携させて、その車両がいつどこを走っていたのかを可視化することもできますし、必要であればその情報をリアルタイムで取得することもできるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *