最新のデジタコ情報

デジタコをクラウド化するメリット

バスやトラックといった営業車両の運行記録を事細かに、電子的に記録したデジタルタコメーター、通称デジタコですがインターネットの普及、および情報管理のクラウド化によってデジタコもクラウド化されるようになってきました。

これによって会社としてはドライバーの管理がより正確に、適切にできるようになり、ドライバーとしては理論上ブラックに限りなく近い運用をさせられる可能性が下がるといったメリットがあります。しかし一方で、やはりメリットばかりではありません。

会社からしてみると管理をより厳密に行わなければいけなくなった分、人手が足りない時期だから少しドライバーさんに無理してもらってでも業務を回さなければならないという場面で足枷となってしまうことがあり、ドライバーからしてみるとスピードやルートまで記録されていることから、以前までは暗黙の了解的に許されていた少しだけ多めにスピードを出して途中で休憩時間を長くとることで疲れを軽減するといったテクニックが使えなくなってしまうことがあります。

また、途中で急に腹痛に襲われた際などでも記録に残ってしまうため精神的負担になることも否めません。クラウドやデジタコ化も重要ですがドライバーの負担を極力減らすように会社側で運用の計画に少し多めに休憩を取ることや、ドライバーに直接アンケートなどで休憩時間や平均速度などを調査することでよりドライバーの負担を軽減し、働きやすい会社の環境を構築することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *