最新のデジタコ情報

高価格のデジタコは充実した機能でデータ管理が可能

トラックなどの営業車の安全や運行データ管理にも役立つのが「デジタコ」ですが、コスト面でのメリットも多数存在しています。

まず導入するにあたって機器の価格から選ぶ事もありますが、低価格の機種であっても最低限の機能は搭載しているので、まずはこのタイプを導入しても良いでしょう。さらに高価格帯のデジタコ機器であれば、ハイクオリティな機能や付加価値が増え、大画面の液晶やカードリーダー機能で免許証の不携帯を防ぐタイプなど幅広く搭載しています。これらはニーズに合わせて選択する事が大事ですが、高性能機器の機能を活用すると、運行管理もスムーズになります。

管理がデータ化する事により配車効率が向上しますので、運営上の無駄が少なくなり、利益の増加も期待できるでしょう。そしてデジタコの機能はエンジン回転数などから、エコ運転度合いも数値化できるタイプもありますので、燃費の向上にも繋がります。またGPSによるルート確認や、スピード効率などもデータ化するので、ドライバーのエコドライブ意識も高まります。

高額なデジタコ機器を導入すると、初期費用こそかかりますが、付加機能が充実しているためにコスト面に役立つようなデータ活用がしやすくなっています。さらに大きなコスト面のメリットが、データ記録によって運転日報などの手間が省ける点でしょう。従来のアナログ方式では紙に記録する物でしたので、日報1つ作成するにも時間や手間が発生していました。しかしデジタルであればデータをそのまま転送するなどで済みますので、大幅な業務の手間がカットできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *