最新のデジタコ情報

デジタコを導入したいその価格は?

デジタコは、デジタルタコグラフのことでそれまで記録用紙に記録していたアナログ式タコグラフをデジタル化したものです。

メリットは、時間と速度、運行距離などの記録ができるほかGPS位置測位システムと組み合わせれば位置情報も記録され、ドライブレーダーと組み合わせることで運行状況を映像でも確認することが容易になります。また他の機器のデータも記録することができるものもありますから、例えば冷蔵・冷凍車などの荷室の温度を同時に記録するといったことも可能で、総合的な運行記録が可能です。

また、これら記録されるデータから異常値になればアラームを鳴らすといったこともできますからトラブルを最小限にすることにもつなげることができます。デジタコは、運送業においては義務化されていなくても取り付けるだけに十分な価値のあるものですが、一方でデメリットとしては価格の高さです。デジタコの平均価格は178、000円前後と複数台の車両に取り付けることになれば、かなりの費用負担になります。

ただ、タコグラフの設置義務の範囲が拡大していることからリーズナブルなものも登場しており選択肢も豊富です。もっとも安い価格では、128、000円程度ですが安いからといって性能面で劣るわけではありません。また近年のデジタコではスマートフォンと連携するシステムを導入することで、それまで単独で移動体通信と契約しなければならなかったものを、業務で使っているスマートフォンを用いることでデータの送信が可能になり、運行管理にかかる負担が軽減されるものも登場しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *