最新のデジタコ情報

デジタコの価格はどの程度なのか

デジタコは、車両の速度や走行時間、走行距離などの情報を記録するための運行記録計のことです。

デジタコは、記録した情報を分析することで交通事故の防止やドライバーの労働状況の把握につながりますが、その価格は機能に応じて大きく変わるため、一概にいくらと言うことはできません。現在はドライブレコーダー(ドラレコ)と一体化しているデジタコが広く使用されていますが、ドラレコ一体型の価格は約10万円程度であることが多いです。しかし、車両の速度や走行時間、走行距離の記録に特化したシンプルな機種であれば5万円台の価格で購入可能です。

また、20万円以上で販売されている高機能なデジタコも数多く存在します。例えば、ふらつき運転や前方車両と接近した場合などに警報が鳴る機能が搭載されているものや、ETCやアルコール検知器、荷室の温度計などと連携可能なもの、操作性に優れたタッチパネル式の機種など、各社とも様々な機能を有した機種を販売しています。

このように一口にデジタコと言っても様々な機種が存在しており、その価格も幅があるため、導入する際は自社にとって必要な機能を精査することが重要です。とにかく費用を抑えたい場合はシンプルな機種が適しているでしょうし、安全性を考慮するのであればドラレコ一体型などを選ぶと良いでしょう。なお、近年はクラウド上にデータを保存する機種が普及してきていますが、クラウド式を導入する場合は月額の利用料がかかるため注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *